東京で霊園を探す際のポイント

東京の霊園の相場

お墓を東京に移したい、いまそういう方が増えています。田舎に実家があっても帰れるのは年に1回と2回、遠く離れた地域へのお墓参りは時間的にも経済的にも負担です。両親が亡くなり実家を処分してしまえば、いくら生まれ故郷とはいえお墓参りのためだけに帰省するのは難しいでしょう。とはいえ、時価の高い東京でお墓探しとなると、高額な永代使用料がネックになります。
例えば東京で知らない人が居ないほど有名な公営墓地の都立青山霊園の場合、永代使用料は437万円から、立地の良さもさることながら多くの著名人が眠る高級霊園ですから当然と言えば当然ですが、ちょっと手が出ないですよね。さすがにこれだけ高額な永代使用料を取る霊園はごく少数ですが、東京23区内では150万円前後が相場とかなり高額になってしまいます。
しかし、23区内にこだわらなければ手頃な永代使用料の霊園もたくさんあるのが東京です。例えばあきるの市にある民営のある霊園は永代使用料が60万円からと、都心の霊園よりも100円程度低く設定されています。地理的には新宿から電車で50分ほどと都心からは離れていますが、それでも東京都内です、数日かけて田舎へお墓参りするのとは比べ物になりません。しかもこの霊園ではJR青梅線福生駅から休園日の水曜を除いて毎日、一日8便の無料送迎バスを運行していますから、車のない方でも安心です。いかがでしょうか、東京でのお墓探し。

霊園の貴重な場所とは

先祖を弔い、感謝の気持ちを伝えるためにお墓参りはとても重要なイベントの一つです。近年はお墓参りを行う人が若者を中心として減ってきてはいるのですが、次世代へとお墓参りの重要性を受け継いでいく必要があります。しかし、東京でお墓参りをする人が減ってきている理由の一つとして、霊園までの距離が遠く車を運転することができなければ不便である、ということが挙げられます。
そのため、人口が多く、道路や公共交通機関が高度に発達している東京にある霊園は非常に貴重な場所です。東京にある霊園は、車がない方でも気軽にアクセスすることができます。車離れが進んでいる若者にとっては非常に好条件であるといえます。また、霊園は都市部と比較すると自然が豊かなエリアであると考えることもできます。
公園に出かけるのと同じように、ビルが立ち並ぶコンクリートジャングルにおいて、ちょっとした自然を感じるためにお墓参りに行くと考えると、より気軽にお墓参りへと出かけることもできるのです。このように、仕事や休暇などの日常生活を営んでいるエリアと霊園の距離が近いことによって得られるメリットは多く、先祖に対する敬意や感謝の念が若者に根付いていくのです。

post list

2017/08/25
東京の霊園を探す時に気を付けることを更新しました。
2017/08/25
東京にある霊園が貴重な理由とはを更新しました。
2017/08/25
東京で霊園を探すなら23区以外がお勧めを更新しました。
2017/08/25
東京で霊園を探す際のポイントを更新しました。