楽器の防音室☆お役立ちガイド

TOP > 楽器用の防音室について > 楽器を気兼ねなく演奏できる部屋

楽器を気兼ねなく演奏できる部屋

演奏が好きという方は、練習をする場などを探すことに苦労しているという場合もあるでしょう。
学生から練習をする場合には、部活動など練習をする場所などがありますが、大人になってからは、楽器の演奏する場所として音大などレッスン室を利用することやカラオケボックスなどを利用してみるなど、ちょっと楽器を演奏したいと思っても、好きな時に自由に練習できないというのは、ストレスを感じてしまうものです。
自宅などで思う存分、楽器を演奏できればいいですが、防音していない普通の住宅では、周囲に音が漏れてしまいます。
また、賃貸物件で防音などの対策をしているケースもありますが、賃料が高い傾向もありそこに住み続けることを考えれば家賃の負担という点で長年、住み続けることを考えれば家賃の負担は大きいといえます。


賃貸物件でない場合には、防音室を作るというのも一つの手段です。
メリットとしては、好きな時に気兼ねなく楽器を演奏できるという点です。
練習したい場所を探す必要もなく、自宅で自分の気が向いた時に楽器を演奏できるというのはちょっとした気分転換にもなります。
また、楽器を演奏する目的以外にもシアタールームとしてみるというのもいいでしょう。
その他にも、何人か人を呼んでカラオケ大会を開いてみるなど防音室ならではの楽しみ方ができるというのもメリットといえます。
人によっては、周囲の雑音が入らないという状況で静かに本を読む、趣味を楽しむために防音室を利用するという方もいるでしょう。
このように楽器の演奏目的以外でもさまざまな利用法があるため、自分の目的に合わせて利用してみるということが大切です。


防音室の場合には、その目的によってどの程度の遮音性能が必要かという点などが重要になってきます。
また、楽器などの場合には、遮音性能だけでなく残響音などの問題もあるため、業者選びなども重要になるでしょう。
残響音などは楽器の種類によっても違いがでるため、最も適した作りにする必要もでてきます。
この点からも、どのような目的で利用するのか、楽器などの種類など、業者側ともしっかりと相談したうえで、遮音性や残響音などに関して決めるようにするといいでしょう。
また、費用的な面も考慮する必要があるため、見積もりなども出してもらうことやできれば、複数の業者に見積もりを依頼して相場などの把握をしておくということも重要なポイントです。
どの業者が安いのかなども判断できますが、必ずしも安いからといっていい業者とは限りません。
それぞれの業者の特徴などもつかみつつ、優良な業者を選択しましょう。

次の記事へ