楽器の防音室☆お役立ちガイド

TOP > 楽器用の防音室について > 楽器を楽しみたいひとのために必要な環境

楽器を楽しみたいひとのために必要な環境

楽器を趣味としたり、職業として利用したり、音楽を学ぶ人の共通の悩みで最大の悩みは音を大きく出すと部屋から音が漏れて周囲の人に迷惑をかけてしまうことです。
昼間ならまだ大丈夫かもしれませんが、夜ですととても大きな音を出すわけにはいきません。
また、最近では職業により昼に寝る人もいるのでうかうか昼も音を出せないかも知れません。
そんな人に必要なのが音を外に漏らさない環境です。
最近の家、マンションは防音性に優れているかもしれませんが、ピアノ、バイオリンなどの音は漏れてしまいます。
最近のカラオケボックスですと趣味としている人のための練習環境として利用する人もいますが、弦楽器、管楽器のように持ち運びの出来る楽器でしたら、それも可能ですが、ピアノですとそうは行きません。
ですので、そんな人がもっとも必要なのが防音の環境です。


防音室はその名前の通り音を防ぐ部屋ですが、音が全く漏れないという訳ではありません。
部屋の外にいたら気にならないレベルの大きさの音になるのです。
ですので音が小さくなると考えるといいでしょう。
もちろん、レコーディングスタジオなどのように完全防音の部屋もありますが、一般の人のためですと、大きな音が小さくなり近所迷惑にならない程度になるのが機能です。
部屋の大きさ、機能は様々あります。
ピアノを教える環境が必要な音楽教室ですと、グランドピアノが入るような広さが必要ですし、バイオリン、管楽器などですと2,3人が部屋に入り演奏できる環境でいいでしょう。
個人の家に防音室の環境を入れるとしたら、家を作る時がベストですが、マンションや、建売の家に入れるようですと家の中で組み立てなくてはいけません。
どれを入れればいいかわからないようでしたら通っている音楽教室で相談してみるといいでしょう。


部屋に防音室を作るのであればその大きさ、防音の機能により値段が変わります。
音を小さくするのが遮音性ですが、遮音性が大きいほど防音機能が高くなります。
家を作る時ですと部屋自体を防音性の高い部屋にすることもできますが、その時は建築士と入念に打ち合わせすることが必要です。
遮音性の高い部屋を作ると窓を2重サッシにしたり、壁を吸音性の高いものにしたりすることですので費用がかかります。
管楽器、弦楽器のように1人で演奏するのであれば部屋の中に防音室を作ることも出来ます。
そのような部屋は楽器メーカーも提供しています。
部屋の広さによって値段もことなります。
データによる遮音性のデータもありますが、実際に体験するためにも楽器メーカーのショウルームで体験するのもいいでしょう部屋の遮音性に変更するための相談も聞いてくれます。