楽器の防音室☆お役立ちガイド

家の中で安心して楽器演奏ができる防音室

楽器演奏を楽しみたくても、近所迷惑となってしまう事を心配する方も多くいるため、安心して楽器演奏が楽しめる工事を進めていく事も大切です。防音室があれば、家族が楽器演奏を楽しむ際も、近所迷惑となる心配はなくなります。

子供が習い事で楽器演奏を続けていきたい時など、防音室が用意されれば、安心して演奏ができるようになります。また、お店で楽器演奏もできるようにしたい場合は、防音室を用意する工事を行う事で、お店の営業を始める時に近所トラブルが起こらないように注意できます。

防音室や工事がどのように進められるかなど、分からないことが多い方は当サイトをチェックする事で、仕組みなどもスムーズに理解できます。防音室の基礎知識を身につけることによって、比較を進める際にも当サイトで参考になる情報をしっかりと集めていけます。

阪神防音

阪神防音の防音室は、作業の全てが自社の管理士とエンジニアによって行なわれるのが特徴です。一軒毎にデザインを一から作り上げるオーダーメイドとなっていて、お部屋の広さの他に和室と洋室のどちらのタイプにも対応可能です。

取り扱っているのは主にクラシックビアノと同じ音域の楽器を対象とした防音室で、90から100デシベルほどです。昼間に近所迷惑にならない程度に音を抑える簡易的なものから、24時間対応可能な高性能なタイプまで幅広いラインナップとなっています。

防音性能は数値に基づいて確認されますが、それだけでなく使用して初めて分かる音響やデザインといった点も柔軟にアフターケアしてくれます。それは要望がしっかり通る体制が整っているからこそできる内容です。

スガナミ楽器

楽器の演奏において残響時間というのはとても大切なものです。コンサートホールは緻密に計算されて設計されている程です。スガナミ楽器の防音室は、こだわりの残響時間に対応し、演奏者の想いを大切にしてくれます。

中古の防音室も取り扱っています。その種類も豊富で、求める防音室が見つかることを期待できます。予算を抑えたい方、中古の防音室で十分納得して購入できる方には、ぜひ中古の防音室もおすすめです。

ショールームを構えており、実際に防音室を見たり体験したりすることができます。やはり、自分自身で体感してみないとわからない部分はたくさんあります。防音室の購入を検討されているなら、ぜひ一度ショールームに足を運ばれると良いと考えます。

三木楽器

音響にこだわると、今まで以上に音楽の楽しさが分かります。三木楽器では防音室を提供していて、予算に合わせてアドバイスをしているので、楽器を演奏しても不快感がありません。三木楽器は、1,000件以上の実績があるので信用できます。

防音や遮音をすれば、騒音の侵入を防ぐことができますし、部屋の広さに適した残響時間に調節することができるので、快適な日常生活を過ごすことができます。また、障害音も除去することができて、室内の状況を安定的に保つことができます。

騒音が気になれば、防音室をレンタルすることができます。気軽にレンタルできるので、スタジオに行かなくても音楽を演奏することが可能です。スタジオだけではなく、楽器のレンタルもしています。

サクライ楽器

サクライ楽器で取り扱っている防音室は、自由設計タイプなので様々な形のお部屋に対応することができます。反響して返って来る音が不自然にならないように工夫されたベーシックから、楽器本来の音を感じさせるものまで3つのグレードがあります。

設計する以外には定型タイプの防音室も用意されていて、調音パネルの採用などで高い遮音効果を誇ります。設置するお部屋のスペースに合わせて9つのラインナップがあり、組み立ても半日程度で完了するのでその日の内から使用できます。

壁にしっかり防音機能が施されていても、人が出入りするドアが疎かにされては効果が十分に発揮されません。そのため特許技術を含んだ高性能なドアが用意されています。スチール製と木製があり、開き方も取っ手とスライドの2通りです。

株式会社カワイ音響システム

自宅で存分に楽器を楽しみたい個人をはじめ、法人の防音対策など、様々な要望に応える多彩な防音室が販売されています。サイズや価格、そして性能の異なる製品がラインアップされているため、希望に合った防音室を選べます。

株式会社カワイ音響システムが販売する防音室は、安心のメイドインジャパンです。国内の自社工場で製造されているので、安全な商品を購入できます。また、ユニットタイプであれば注文してから最短で10日など、迅速に届けてくれるのも魅力です。

一般的な防音工事では概ね7日以上かかるケースが多いところ、短期間で防音工事が完了します。特に独自パネル工法のユニットモデルですと、1日で終わるのが強みです。

株式会社リブテック

自宅で楽器の演奏や練習をすると、その音が周りに迷惑になるかも知れません。株式会社リブテックでは防音室の工事をしてもらえますが、工事後の遮音保証をしてもらえます。ですから周りに迷惑をかけにくくなるでしょう。

楽器の練習を自宅でするときの問題として、外への音漏れの他自分自身の疲れがあります。株式会社リブテックは長年防音室を作り続けている技術を生かし、防音環境の中で疲れにくくなる部屋作りをしてもらうことができます。

防音室の工事を行ってくれるところとして楽器メーカーなどがありますが、それらの業者は単に音を外に出さないことを考慮しているようです。株式会社リブテックは建築会社であって、音を出さない色々な建築の技術で防音加工をしてくれます。

楽器演奏用に防音室を作る前に知ってしておきたいこと

楽器を演奏するときには、周りに音が漏れてしまう可能性がありますのでクレーム対策として防音室を作る人も少なくありません。とはいえ、まったく無知の状態で業者に依頼しても思ったような形にならず後悔する可能性もあります。そこで、自分で防音室をつくる場合にはどのようなところをチェックしたらよいかを見ておきましょう。ぜひチェックをしておきたい一つ目は、施工後の遮音測定をしてくれるところです。ちなみに、人間の会話などをしているときの声の大きさは65デシベル程度になります。この程度ならば、近所にそれでもほとんどクレームがありません。部屋の中ならばなおさらのこと、ほとんど外に聞こえることはないでしょう。ところが、ギターなどの楽器を弾いてしまうと95デシベル以上になってしまいかなり耳障りな音が壁の外に響いてしまう可能性があります。この時しっかりと音のチェックをしてくれて、65デシベルぐらいまでに抑えてくれる業者ならば安心できるでしょう。

二つ目は、工事内容をしっかり説明してくれる業者が良いです。多くの人は、できるだけ金額を抑えようと料金の比較はしっかりと検討しています。ですが、料金の比較だけ検討しても出来上がった防音室に満足はできないようならば、いくら安くても意味がありません。そこで、単に料金だけを見るのではなく工事内容をしっかり理解できるように説明をしてくれる業者が良いです。それほど安い買い物ではありませんので、いい加減な工事をされてしまうと確実に後悔することになります。どのように判断されるかといえば、見積もりの段階でいくつか質問してみることです。明確な答えが返ってくれば、しっかりとしたビジョンを持っており設計にこだわりがある会社とわかるでしょう。ですが、十分な説明がなくお金のことばかり説明している業者は、避ける必要があります。

三つ目は、建築業登録がしっかりされているところを選ぶべきです。防音室の施工業者と雖も全く素人の場合には自分で作ったほうがましなレベルになることもあります。ですが、十分な経験がある業者ならば様々な事例を持っていますので、目的に合わせたものを作ってくれるでしょう。建築業登録があれば、少なくともお客さんが納得できるだけの質の高いものを作ってくれるでしょう。それ以外でも、追加料金がないところを選ぶ必要があります。最初に提示した金額は非常に安かったので契約してみたところ、後になって何度か追加料金をとらえてしまい結局ほかの業者に依頼した方が安くなってしまうことも考えられなくはありません。契約の前の段階で、「追加料金はありませんか」と一言でも聞いておくだけで追加料金がされることはなくなるでしょう。

カテゴリー